【美肌や小顔になりたい方、必見】顔の老化防止や若返りに効果的な方法をご紹介(食品・セロトニン・リンパ・マッサージ・ストレッチ等など)

今回は、美肌や小顔になるためにオススメな方法をまとめてご紹介します。

是非、参考にして頂き、美肌・小顔を手に入れましょう!

顔の老化について

そもそも顔の老化はなぜ起きるのでしょう?

年齢を重ねることで、ホルモンの分泌量や保湿力が低下して、顔の皮膚は硬く強張りがちになります。

また、顔の筋肉の衰えが大きな原因です。

表情を豊かにして、日頃から顔の筋肉を動かすことが顔の老化防止につながります。

セロトニンと顔の関係

セロトニンの分泌が減少することで、顔が老けてみえるといわれています。

これは、セロトニンには顔の筋肉の活動を活発にしてハリを保つ効果があるためです。

セロトニン不足解消が、若々しいハリのある顔になるポイントです。

日頃からセロトニンを補う生活習慣を意識しましょう。

手軽にサプリメントでセロトニンを摂取するのもオススメです。

セロトニンについて

セロトニンとは、脳内神経伝達物質のひとつであり、感情のコントロール・姿勢の安定・呼吸や消化器官など色々な場所で、身体を正常に保つための働きをします。

感情をコントロールすることで、不安やイライラを抑え、平常心を保てるようになります。

さらに、セロトニンには質のよい睡眠がとれるようになる効果もあります。

不眠や睡眠不足で悩んでいる方は、セロトニン不足にならないように注意しましょう。

セロトニンを増やすには

セロトニンを増やす方法として有名なのが、朝日を浴びることとよく言われていますが、運動と食生活も非常に関係しています。

適度な運動を行うことで、セロトニンの分泌が促されます。

また、体内ではセロトニンの原料は作ることが出来ないので、食事やサプリメントで摂取しましょう。

セロトニンの原料とは、必須アミノ酸であるトリプトファンやビタミンB6、炭水化物です。

これらの栄養素を兼ね備えた食材がお肉です。

牛肉・豚肉・レバー・カツオ・マグロなどがオススメです。

出来ることなら、毎日の習慣として継続的にセロトニンを増やしたいという方は、サプリメントの活用がオススメです。

【↓管理人オススメのセロトニンサプリ↓】

セロトニン サプリメント 【リラクミンクリア】 セントジョーンズワート トリプトファン ギャバ(GABA) クワンソウなど配合 セロトニン サプリ 睡眠薬 ではない【メール便送料無料】【10P03Dec16】

顔のマッサージをする場合のポイント

①顔のマッサージやリンパマッサージをする場合は、腹式呼吸で行いリラックスしましょう。

複式呼吸をすることで、リンパの流れが良くなります。

②顔のマッサージやリンパマッサージの前後には、水分をたっぷりと補給しましょう。

水分補給は身体の代謝を良くします。

さらに不要な老廃物や毒素を体外に排出しやすくなります。

③食後すぐにマッサージやストレッチは避けましょう。

使っている筋肉に優先して血液が集まってしまうので、本来なら消化器官をめぐるはずの血液が不足して消化不良を起こす可能性があります。

リンパについて

リンパには、老廃物や有害物質をフィルター効果でキレイにする浄化効果や、外部の病原菌を防ぐ免疫効果があります。

リンパマッサージやストレッチをすることにより、老廃物や毒素を排出することが出来ます。

また、風邪にかかりにくくなったり、キズを早く治す効果もあります。

体内には約800個ものリンパ節があります。

リンパと美肌・むくみ等の関係

リンパマッサージやストレッチを行うことで、老廃物が流れます。

結果、顔のむくみやシミ・くすみを防いで美肌効果が高まります。

さらに、活動代謝が上がることにより、脂肪燃焼効果もあるので、ダイエットにも役立ちます。

【↓管理人オススメの美容オイル↓】
※10mlを合わせて購入すると、
送料無料となるのでお得です。

LALAHONEY美容オイル 30ml ララハニー 精油 ホホバオイル ホホバ油 エッセンシャルオイル スクワラン オリーブオイル オリーブ油 サンダルウッド 白檀 保湿 biken_d19

美肌効果のある食品

誰もが美肌になりたい・キレイになりたいと思いますが、身近な食品で美肌になることが出来ます。

①納豆

納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸には、美容で有名なヒアルロン酸の10倍もの保湿力があります。

納豆を食べることで、弾力の肌が手に入ります。

②ヨーグルト

ヨーグルトなどの乳酸菌には、整腸作用や免疫力アップの他にも、シミの原因となるメラニン色素を抑える働きがあります。

さらに、ヨーグルトには美肌に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。

③牛乳

牛乳には、不足すると肌荒れの原因となるパントテン酸が多く含まれています。

④イカの塩辛

イカの塩辛には、コラーゲンの吸収率を10倍も高める酵母菌が豊富に含まれています。

⑤ひじき

ひじきには、きめ細かい肌になる効果があるセラミドが多く含まれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どれも頭に入れておくだけで実践・摂取しやすい情報をまとめさせて頂きました。

参考にして頂き、美肌・小顔を手に入れて下さい!

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました♪


Follow me!