蕁麻疹(じんましん)に悩む方へ、副作用のない漢方薬で根本から治そう!

2018年11月26日

今回は蕁麻疹に悩む方への投稿です。

私の周りでも蕁麻疹に悩んでいる方が多く、5人に1人は発症するという蕁麻疹、ストレス社会の現在では年々増えると言われています。

この蕁麻疹、厄介なところは、病院に行っても根本的な蕁麻疹の原因が分かるわけではなく、薬は出してくれますが副作用の多いこと多いこと(眠くなる・だるさなど)
詳しくは長くなるので省きますが、大事なことは薬を飲んで副作用がある中、一時的に症状が収まっても根本的な解決にはならないという事!

そこで、私がオススメするのは漢方を飲み、体質から改善していくという事です。
※もちろん副作用の心配もありません。

その漢方薬とは、「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 」


【第2類医薬品】 ツムラ漢方 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) エキス顆粒 20包(10日分)

【商品説明】

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、『華岡青洲(はなおかせいしゅう)』という江戸時代の医師が考案した漢方薬で、発赤、腫脹、疼痛、熱感があったり、あるいは化膿し始めの「化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期」、「じんましん」、「湿疹・皮膚炎」、「水虫」に用いられています。 『ツムラ漢方十味敗毒湯エキス顆粒』は、「十味敗毒湯」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。 体力中等度なものの皮膚疾患で、発赤があり、ときに化膿するものの次の諸症: 化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、湿疹・皮膚炎、水虫 次の量を食前に水またはお湯で服用してください。 成人(15歳以上) 1回1包(1.875g) 1日2回 7歳以上15歳未満  2/3包 4歳以上 7歳未満  1/2包 2歳以上 4歳未満  1/3包 2歳未満・・・服用しないこと ■用法・用量に関連する注意 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

【まとめ】

この漢方薬、
漢方薬の名前にも入っている通り、配合されている10種類以上の生薬が相互に働いて、解毒を促します。

※体内の毒素を排出して、身体の内側から体質改善していく事により、蕁麻疹対策としてオススメです。
他にも、肌トラブル・ニキビにも効果的だそうです。

また、ストレス対策としては、質の良い睡眠も大切です。
蕁麻疹に悩んでいる方で、質の高い睡眠がとれていない方は意識して改善してみましょう。

☆最後まで見て頂き、ありがとうございました(⋆ᵕᴗᵕ⋆)”☆*ペコリ


【第2類医薬品】一元(イチゲン)十味敗毒湯-28(じゅうみはいどくとう)350錠入(漢方 薬 プレゼント 漢方の葵堂薬局 漢方薬 ニキビ 蕁麻疹 ギフト くすり にきび 医薬品 吹き出物 おくすり 一元製薬株式会社 クスリ 第二類医薬品 ジュウミハイドクトウ)【あす楽対応】

Follow me!